20代30代40代でも胸を大きくする方法〜年齢なんて関係ない!〜

 

 

女性にとって、美しく豊かな胸はどんなことをしても手にしたいと切に願っている人も多いと思います。

 

この切実な願いは、10代の頃の願いとなんら変わることはないかもしれませんね。

 

その分だけ、胸を大きくするのにできる年代や育乳に必要なきっかけなどが気になりますよね?

 

女性の胸の成長についての基礎知識を、ここで一から確認してみませんか。


胸の成長、何歳がピーク?

近年の研究では、胸の成長には歳ではなくて「初経」のタイミングが強く関係しているとされていて、

 

初経の前後約4年間で胸の大きさや形が成長すると言われています。

 

胸の成長や変化の流れは、次のようになっているみたいです。

 

1.初経の1年以上前から:乳頭まわりが膨らんでくる

 

2.初経前後:乳房の膨らみが横に大きくなっていき、硬くなっていく

 

3.初経後1〜3年未満:全体として丸みをおび、立体的に膨らむ

 

4.初経の3年後以降:丸っこい女性的な形に形成される

 

ここの部分を踏まえて、成長のピークは乳房の形がほとんど出来上がる

 

「初経の3年後」と言って良いと思います。

 

初経が始まる歳は10〜15歳くらいと個人個人によって差があるので、胸の成長期とその時期も、

 

人によってバラバラになるのが現状となるんですね。

 

余談ですが、胸の成長には乳腺で作りあげられる「ラクトゲン受容体」と思春期に分泌が活発になる

 

「成長ホルモン」が親密に関係しますが、胸の大きさには「女性ホルモン」が強く影響を与えます。

 

そのため、胸の成長の時期は初経の始まった時期に影響を受けますが、胸の大きさは成長の時期を

 

過ぎていようと大きくすることは問題ないです。

 

なので、「40歳になったから無理だ」とか「成長期を過ぎたから無理だ!」ってあきらめないでくださいね。

大人になっても胸を大きくすることは可能なの?

女性の胸の成長は20歳前後となることが多いのですが、20歳前後の女性の身体は

 

成長しきっているとは言えず、まだ未熟で脂肪もつきにくい身体となっているんですね。

 

胸部に脂肪がつき、柔らかく女性的な胸になるのは、かえって20歳以降になってからという場合が多い

 

ため、成長期が終わってしまった20代以降の女性であっても胸を大きくすることは全然、難しいこと

 

ではないんですね。

 

しかも、胸の大きさには女性ホルモンの分泌量が強く関係しているため、女性ホルモンの量をアップさせ

 

ることができれば、理論的には何歳になっても胸を大きくすることが可能になってくるんですね。

 

あくまでも理論的なことですが…。

 

でも、、閉経後は女性ホルモンの分泌量が大きく少なくなるので、現実には閉経までが胸を大きくするこ

 

とができる期間だと思います。

 

また、女性の胸は乳腺や大胸筋の発達を促すことで大きくさせることができるんですね。

 

胸のマッサージや大胸筋トレーニング、食事や食生活の見直しなどのケアを行うことで、胸を大きく

 

するだけでなく、ハリのある美しい胸を手に入れられるということも覚えておいてくださいね。

役立つリンク集